ブラック企業から脱出せよ!

ブラック企業からの脱出作戦

Uncategorized

金融系営業はまさにブラックの見本市!一年持たず退職!

投稿日:

私が以前働いていたのは商品先物取引会社でそこで営業の仕事をしていました。

これだけでも世間でも決して良いイメージがないのでなんとなくブラックというイメージはあるかと思います。

私もこの業界で働く前からなんとなく良くないイメージはありました。

ですが実際にこの業界で働くようになると思った以上にブラック企業である事を知りました。

 

勤務時間はまるでデタラメ!ブラックの典型!

まず私が驚いたのは勤務時間がまるででたらめだっという事に驚きました。

ここは勤務時間が8時30分~17時30分というのを提示しておきながらその勤務時間が全く意味がない事を知って愕然としました。

実際にここで働くようになると8時30分からどころか実際には7時30分には会社にいないといけないという有様でした。

また終業時刻もでたらめで17時30分どころか普通に21時や22時まで会社にいたり外回りをしないといけない状態でした。

それは毎日の営業ノルマを達成できないと定時に帰るのは不可能という環境でした。

 

職場の環境も異常・・・恫喝される職場はまるで監獄

また職場の環境もかなり驚きました。というのも営業部門に正式に配属になった時にやたら広いフロアで部屋の真ん中でデスクを固めて互いが向き合った状態になってそこで1日テレコールをしまくるという事をやっていたからです。

その異様な光景に私は絶句しました。やたら広いフロアに数人が固まって電話をしまくるというのはまるでどこかの犯罪組織みたいで気持ちが悪かったです。

それでいくら電話をしても思ったような成果を出せないでいると店長に呼ばれて他の同僚がいる前で吊し上げにあっていました。

その光景も見るに堪えない感じで自分がそういう辱めを受けてなくても恐怖を感じました。なぜなら呼び出してそこにいるすべての社員に聞こえるようにダメ出しを始めてさらに給料泥棒とまで言い放つ始末だったからです。

 

ブラックのお手本、自爆営業!

それで今後どうやって成果を出すかという事を自分の口からは言わずに自腹を切らせるように誘導尋問していくやり方にも呆れました。

まさにこれが世の中でよく言われるブラック企業そのものだと思いました。

いくら一生懸命に働こうが新規で顧客を獲得できなければ容赦なく自腹を切らせるそういう会社でした。

私もいきなり上司に呼ばれてすぐに成果を出すには家族や親類に当たるのが良いと言われました。

 

ここにいても得るものはない・・・もう辞めよう・・・

それで私はここにいてもどの道未来はないと思って1年ほどで退職しました。

1日駆けずり回って土曜にも出勤してさらに自腹を切らされるのであればここに留まる理由はないと思ったからです。

おかげでそういうひどい労働条件で働く人の助けになる職業に就く道筋になったのでそこだけは良かったかと思っています。

-Uncategorized

Copyright© ブラック企業からの脱出作戦 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.